賃金制度●不景気の今こそ賃金制度を見直すチャンス● | 【浅山社会保険労務士事務所オフィシャルサイト】

〒260−0045 千葉県千葉市中央区弁天1−10−3−302

賃金制度●不景気の今こそ賃金制度を見直すチャンス●

1. 長引く不景気下での人件費の設定とは

ますは、現在支払われている賃金の相場を知ってください。賃金の水準

もし、相場をはるかに上回っているとしたら、本来支払うべき額を超えて

支払い続けているため、企業を維持することは難しくなります。

中小企業にとって必要なのは、「実在者の賃金」です。

同じ地域で、同じ規模の会社がいくら払っているのかという実態。

それに対して、うちの会社がいくら払っているのかという比較。この2つが必要です。

 

2. 能力のある人、成果を上げている人により多く払う仕組みを

賃金制度とは、「誰にどのくらい支払うか」を決定する仕組みです。

実在賃金の相場をもとに『最適な人件費』が算出されたら、次は相場との大差が大きい方をプロットします。

企業によっては年功序列を設けている会社もありますので、「勤続年数が多く、成果の上がらない人」や「勤続年数が少なく、成果を上げている人」は、相場と大きく乖離することもあるでしょう。

このままでは、企業の存続に関わります。やはり成果のある人に、より多く支払う仕組みに変えたいところです。

景気の低迷により課題を明らかにした今、まさに見直すチャンスだといえます。

 

3. 賞与の支払い方、好景気の時のままではありませんか?

賞与について、一律に基本給の○ヵ月分(または○ヵ月分×50%)としている企業もまだまだ多いです。

賞与は、「企業が儲かったときに支払う賃金」かつ「成果を上げた人に支払う賃金」として定義づけします。

法律では、賞与の支払い義務はなく、全員に必ず支払う必要はないのです。

 

4. 基本給は、一度上げたら下げるのは難しい?レンジ

賃金制度を抜本的に見直す必要はなくとも、定期昇級がある中小企業は見直す必要があるでしょう。

定期昇給のに直しに合わせて、昇給する場合には、昇給幅にレンジ(範囲)を設定します。合わせて、降給・減給の仕組みも考えるとよいでしょう。

ただし、定期昇給制度の廃止や降給制度・減給制度の導入は、不利益変更に当たりますので、法律に則り、手順を踏んで実施する必要があります。

 

5. 評価制度はありますか?評価制度を運用できていますか?

成果を上げた人により多くの賃金を支払うという考え方を実行するためには、誰が見ても納得できる評価基準が必要です。これが明確であれば、従業員の不平不満は減っていきます。

また、この不況下に企業を率先して引っ張る力のある人を、他社に逃さないような仕組みを作っておきましょう。

既に評価制度がある企業の場合は、その目的が賃金の上げ下げのためだけになっていないか検証すべきでしょう。評価制度は、我が社の「従業員として、こうあってもらいたい!」という理想の人物像を示す働きのあることを念頭に見直し、または運用する必要があります。

 

6. 60歳以上の役員報酬・賃金は、国からのお金を可能な限り利用できます

60歳を超えれば、年金の支給が開始されます。また、雇用保険から高年齢雇用継続給付という給付金が本人に支給される場合があります。

雇用保険料も厚生年金保険料も、企業は支払ってきたはずです。ぜひ、これらの制度を利用してください。

 

賃金制度の見直し

浅山事務所では
1 「実在賃金」を基準に
2 「総人件費の枠内」で
賃金制度・人事制度・評価制度の見直しを支援いたします
浅山事務所では
1 その時の支払い能力に対応し
2 社風を大切に
3 誰にどのように賃金を支払いたいかについて
一緒に考えた仕組みを作ってまいります
浅山事務所では
1 法律にのっとり
2 手順を踏んで
3 導入までのプロセスを
助言、サポートさせていただきます
浅山事務所では
1 お決まりの制度を押しつけることはしません
2 企業に応じたご提案をさせていただきます
浅山事務所では
1 高齢者の賃金設計を行い
2 企業が支払う人件費を節減し
3 高齢従業員の手元に残る給与額を最大にする
サポートを行います

プライバシーマークロゴ

事業内容

就業規則
就業規則どうしていますか?
手続き業務
毎年行われる法改正に対応できていますか?
退職金
退職金の給付水準が予想を超えていませんか
賃金制度
人事制度は明確になっていますか
労務コンサルタント
社員にやる気を出させたいと思いませんか?
助成金
知って得する助成金
SRP認証

浅山社会保険労務士事務所は、
平成23年4月1日より、SRP認証
(社会保険労務士 個人情報保護事務所)の認証を受けております。