業務案内 / Duties Guidance

会社の移転等

支店を設置したとき
 会社の支店や営業所を設置したときは、労働保険の手続きが必要になります。
 労働保険は会社の本支店の関係にかかわらず、一つの「事業所」として、それぞれ別個に保険関係が成立します。
 もともと本社の方の保険に入っていた社員は、支店のほうで立ち上げた労災保険、雇用保険に入る扱いになりま
 す。
 
 1.労働保険成立の手続き
  会社を新しく設置したときと同じ手続きをします。詳しくはこちらをご覧ください。
 
 
 2.雇用保険保険成立の手続き
  書類は所轄のハローワーク(公共職業安定所)へ提出してください。

届出書類

届出が必要とされる場合

添付書類

提出期限

雇用保険適用所在地設届 

見本

従業員を採用したとき

・登記簿謄本(個人事業主は

 世帯全員の住民票)

・賃貸借契約書

(賃貸である場合)

従業員を採用した日

から10日以内

雇用保険被保険者資格取得届

詳しくはこちら

 

採用した月の翌月10

雇用保険被保険者転勤届

詳しくはこちら

従業員を転勤させたとき

 

転勤した日から10

以内

 
 
 3.労働保険を本社に一括される手続き
  支店の方が給与計算や勤怠管理を独立して行う場合は、このまま労働保険や雇用保険を継続して単独で扱って
  いかなければなりませんが、本店の方で取りまとめて行われている場合には支店の方で成立した労働保険及び
  雇用保険を同時に本社の方に一括(=以後、本店に手続きを任せる)ことができます。
 
  労働保険を本社に一括させることを「継続事業の一括」といいます。
 
  ○手続きの手順

   ① 各支店の労働保険関係成立届を、各支店を管轄する労働基準監督署へ提出してください。
     詳しくはこちら
   ② 下記の書類を本社の管轄労働基準監督署へ提出してください。

届出書類

添付書類

提出期限

労働保険継続事業一括事業申請書

見本

労働保険関係成立届(支店)の写し

速やかに

 
 
 4.雇用保険を本社に一括される手続き
  書類は所轄公共職業安定所へ提出してください。 

届出書類

添付書類

提出期限

雇用保険適用事業所非該当承認申請書

見本

速やかに