業務案内 / Duties Guidance

業務上または通勤途上でケガや病気になったとき(労災保険からの保険給付)

.療養補償給付
 労働者が、業務上または通勤により負傷したり、疾病にかかって療養を必要とするとき、療養補償給付(業務災害の場合)
 または療養給付(通勤災害の場合)が支給されます。
 療養(補償)給付には、労災指定病院等で無料で治療を受けられる療養の給付と、労災指定病院以外の病院等で療養した
 場合にその費用全額を支払い、その相当額の支給を受ける療養の費用の支給とがあります。
 
 1.療養の給付
  労災病院や指定医療機関・薬局等で無料で治療や薬剤を受けることができます。
  ※通勤災害の場合は、一部負担金200が必要になります。
 
  ① 請求手続き
   「療養補償給付たる療養の給付請求書(様式第5号)見本を記入、事業主の証明を受ける。 
    
   指定病院に給付請求書を提出。診療を受ける。
    
   指定病院を経由して、所轄労働基準監督署へ提出。
   ※通勤災害の場合は、「療養給付たる療養の給付請求書(様式第16号の3)見本を提出。 
 
 2.療養の費用の支給
  近くに指定医療機関等がないなどの理由で、指定医療機関以外で療養を受けた場合や、装具(コルセット等)を
  使用した場合、健康保険証を使用してしまった場合に、その療養にかかった費用を支給する給付です。
 
  ① 請求手続き
    指定病院以外で診療を受ける。
    
   療養補償給付たる療養の費用請求書(様式第7号)見本」を記入、事業主の証明を受ける。
    
    直接所轄労働基準監督署へ提出する
 
  ② その他の場合の請求書
   通勤災害の場合・・・「療養給付たる療養の費用請求書(様式第16号の5見本
   薬局から薬剤を受けた場合・・・療養補償給付たる療養の費用請求書(様式第7号(2))見本
   柔道整復師から手当を受けた場合・・・「療養補償給付たる療養の費用請求書(様式第7号(3))見本
   はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師から手当を受けた場合・・・
   「療養補償給付たる療養の費用請求書(
様式第7号(4))見本
 
 
2.休業補償給付
 労働者が業務上の事由又は通勤によって負傷したり、病気に見舞われた場合に被災労働者を保護するために給付される
 ものです。
 
 1.いつから支給されるの?
  業務災害又は通勤災害による傷病の療養のため休業し、賃金を受けない日の4日目以降(※1から支給されます。
  ※1  休業開始から3日間(待期期間)については、給付は行われません。
     
待期期間のカウント方法ですが、休業に至る負傷が所定労働時間中に発生した場合には当日を含めて3日間
     ということになり、残業時間中に負傷した場合には、翌日から3日間となります。
     この3日間は連続していなくても構いません。
   
 
  2.支給金額
   給付基礎日額 の80 × 休業日数
   60%が休業補償給付、残り20%は特別支給金)

   ※給付基礎日額とは?
    負傷の原因となった事故が発生した日または疾病の発生が確定した日の前3ヶ月間賃金の総額
                 上記3ヶ月間の総歴日数
 
   (例)事故発生日が410日の場合
     【給与額】 1月・・・350,000円  2月・・・330,000円  3月・・・350,000
     【歴日数】 1月・・・31日  2月・・・28日  3月・・・31
 
  3.手続き方法
   休業補償給付支給請求書(様式第8号)見本」を記入、事業主の証明を受ける
    
   医師の証明を受ける
    
   所轄労働基準監督署へ提出
    
   12ヶ月後・・・指定の口座に振り込まれます
   
   ※通勤災害の場合・・・「療養給付たる療養の費用請求書(様式第16号の6)見本」
   ※休業が長期にわたる場合は、賃金締切日を単位として1ヶ月ごとに請求するのが便利です。
   ※月給制の方が休業補償給付を請求する場合は、休業期間中における給与の減額方法を「月給者に関する取扱規定」
    に記載して提出することになります。