今春の中小企業の昇給は 平均4,815円(1.89%)前年比微増 | 【浅山社会保険労務士事務所オフィシャルサイト】

〒260−0013 千葉県千葉市中央区中央2-9-8千葉広小路ビル4F

今春の中小企業の昇給は 平均4,815円(1.89%)前年比微増

法改正情報 令和1年8月22日(木曜日)

 

 日本経団連より「2019年春季労使交渉・中小企業業種別妥結結果」の最終集計(2019年8月8日現在)が公表されました。これによると、今春の中小企業の昇給は総平均で4,815円(1.89%アップ)となり、前年の4,804円(1.89%アップ)と比較すると増加しています。 
 今回の中小企業賃上げ調査について、まとめましたのでご覧ください。

経団連の2019年中小企業賃上げ調査 最終集計結果は 前年比増

 本調査の対象は、原則として従業員数500人未満、17業種、750社で、今回の最終集計は妥結し、金額が判明している企業404社の結果を集計したものです。今春の中小企業の昇給は、下図のようになっています。
 総平均で4,815円(1.89%アップ)となり、前年の4,804円(1.89%アップ)と比較すると、しています
 業種別にみると、製造業は5,159円(1.99%アップ)、非製造業は4,286円(1.73%アップ)となっています。

(全17業種はこちらを参照)

また、従業員規模別では、下図のようになっています。
100人未満で4,414円(1.81%アップ)となり、前年の4,528円(1.86%)と比較すると、減少しています


【2019年】
 100人未満 4,414円(1.81%)
 100人~300人未満 4,692円(1.85%)
 300人以上 5,012円(1.94%)
【2018年】
 100人未満 4,528円(1.86%)
 100人~300人未満 4,587円(1.82%)
 300人以上 5,095円(1.96%)

今春入社の新入社員の初任給 大卒212,304円 高卒170,505円

 労務行政研究所より「2019年度 新入社員の初任給調査」の結果(2019年5月8日現在)が公表されました。この調査は4月9日までにデータの得られた東証第1部上場企業241社を対象に行ったものです。
 これによれば2019年4月入社の初任給を引き上げた企業は35.7%(昨年は39.7%)57.3%が据え置き(昨年は52.3%)となっており、据え置きの企業が増加しています。大学卒では、引き上げた場合の平均上昇額は3,511円となっており、1,000~2,000円台が約6割を占めています。
 一方、初任給額をみると、職種やコースによる格差がなく、一律に初任給を決定している企業の場合、大学卒は212,304円、高校卒は170,505円となっています。

禁止弊所の記事の無断転載を禁じます。なお、記事内容は掲載日施行の法律・情報に基づいております。本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。浅山社会保険労務士事務所は本ウェブサイトの利用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。

プライバシーマークロゴ
男女共同参画イメージマーク

事業内容

就業規則
就業規則どうしていますか?
手続き業務
毎年行われる法改正に対応できていますか?
退職金
退職金の給付水準が予想を超えていませんか
賃金制度
人事制度は明確になっていますか
労務コンサルタント
社員にやる気を出させたいと思いませんか?
助成金
知って得する助成金
SRP認証